読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OKサトウタナカ

その時々の興味あることを節操なく書き綴っていきます。

「やりがいのある仕事」という幻想

「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)

「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)

  この本のタイトルが目に飛び込んできたときは、心にグサッと刺さった。著者は、やりがいとか好きを仕事にするとかいう考えがそもそも間違っている。できるなら仕事なんてせずに遊んで暮らしたいが、それだと生活に必要な「お金」が入ってこない。だから、仕事をする。お金を稼ぐ道具と考えればいいと、巷に蔓延しているやりがい幻想をぶった切る。目次とはじめにを読んで棚に戻してしまったので、その後のことは知らない。

 「仕事したくない」というのは自分に当てはまる。仕事はお金を稼ぐ「道具」というのも納得した。付け加えておくと、筆者はやりがいのある仕事で充実しているのならそれでいいと述べている。決して否定しているわけではない。